RADIOHEAD トム・ヨークの使用ギター、エフェクター、機材

 - 使用機材

引用元:https://www.pinterest.jp/FoxyCave/thom-yorke/

イギリス出身の世界的ロックバンド、RADIOHEADのフロントマン、トム・ヨーク(Thomas Edward "Thom" Yorke)。

ギターやピアノなど様々な楽器を使用し、数々のロックの歴史に残る名曲を残して来たトム・ヨーク。一体どんな機材、ギターで名曲を生んで来たのかまとめました。

スポンサーリンク

エレキギター

Gibson ES-125

「There There」などで使用しているセミアコ。

Epiphone Casino

「Present Tense」や「Morning Mr Magpie」などで使用しているセミアコ。

Gibson SG Standard

アルバム「In Rainbows」の時によく使用していたギブソンSG。

Fender American Vintage '65 Jazzmaster

「Optimistic」で使用しているのが確認できるジャズマスター。

Gibson Les Paul Standard

Fender Telecaster Custom

Fender Telecaster Deluxe

Fender Telecaster Thinline

スポンサーリンク

アコースティックギター

Alvares-Yairi DY-88

アルバレズ・ヤイルのDY-88は薄めのボディーを持つエレアコ。

「Paranoid Android」で使用しているのを確認できます。

Gibson Hummingbird

ハチドリの図柄がデザインされた大柄なピックガードが印象的です。

トム・ヨークのソロ曲「The Clock」でも使用しているアコースティックギター。

エフェクター

PROCO Turbo RAT

オルタナティブロックのディストーションといえば、PROCO Turbo RATですね。

Marshall Shred Master

分厚い超ハイゲイン・ディストーション・サウンドでオルタナティブロックにピッタリなサウンド。

BOSS DD-3

ロングセラーのBOSSの定番ディレイ。

BOSS DD-5

多機能&高音質デジタルディレイ。

Line 6 DL4

多彩な15種のエコーやディレイ・ボックスをこの一台に搭載。

バンドスコア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 使用機材