Suchmos(サチモス)TAIKING(タイキング)の使用ギター、エフェクター、アンプ、機材

   14,596

 - 使用機材

2016年に大ブレイクを果たし、ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップなど様々な音楽に影響を受けたサウンドで10代~50代まで幅広いリスナーの支持されているSuchmos(サチモス)。

そのSuchmosのギターリストで、戸塚 泰貴ことTAIKING(タイキング)の使用ギターやエフェクター、機材についてまとめました。

TAIKING(タイキング)のプロフィール

本名は、戸塚 泰貴、1990年5月10日生まれで、父親はサッカー元日本代表の戸塚哲也さん。

2015年にSuchmosに加入し、昔から子供が好きでミュージシャンになるか保育士になるか悩んだと言う意外な経歴を持つ。

憧れのミュージシャンは特にいないとのことですが、Donald Fagen、D'Angelo、Earth Wind & Fireなどが好きで、ソウル、ジャズ、ヒップホップなどブラックミュージックの影響が強い。

また最近では、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」のサウンドトラックを愛聴してるとのことです。

使用ギター

Fulltone Guitars STOROKE 68 RVH

Fullertone(フラートーン)はミュージックランドKEYが2009年に立ち上げたブランドで、FenderUSAやGibsonUSAにも負けないハイクオリティなサウンド。

あのジミー・ペイジもオーナーの1人で、高い人気を誇っています。

Suchmosのライブでもよく見かけるギターで、「A.G.I.T」や「SNOOZE」などのレコーディングにも使用されています。

詳細:https://www.musicland.co.jp/shop/itemdetail/store/126899/135125/

80's Fendar Japan Stratocaster

リサイクルショップで安い値段で購入したとのこと。

安くても80'sの味のある良い音だったと思いますが、twitterによると家での練習用になったようです。

「STAY TUNE」などのレコーディングやライブにも使用されていたとのこと。

GIBSON ES-355

Gibsonセミアコースティックギターの代表的、存在であるES-355。

ハムバッカーの太くパワフルな音を活かして「A.G.I.T」などの、ヘヴィーに歪ませているギターリフなどに使用されています。

「A.G.I.T」では、ES-330も使用されています。

Gibson SG Special

Gibson USA / SG Special 2016 Satin Cherry ギブソン エレキギター

パワフルなロックサウンドにピッタリのギター。低音域が抑えぎみで中音域の立つサウンド。

「STAY TUNE」のMVで使用されています。

エフェクター

FINE OD

Human Gear製フィーネ・オーバードライブ。

歪み過ぎず、TS-9系のマイルドなサウンドで主にクランチとして使用。

Riot Distortion

Suhr(サー)のRiot Distortion。

太めのディストーションでミドルレンジなサウンド。結構良い音が出ていますね!

Fire Red Fuzz

マッドプロフェッサーのファイアレッドファズ。

粘りけのあるファズトーンから、カッティングにも使えるブライトなトーンも可能。幅広くライブやレコーディングで活躍するファズペダルですね。

アンプ

Ceriatone Overtone HRM MK2 100

Ceriatoneは2002年にマレーシアで設立されたアンプメーカー。

ハイクオリティーの割には安価で知る人ぞ知るアンプとのこと。ライブやレコーディングで大活躍中です。

最後に

時には甘くお洒落なクリーントーンのカッティングから、時には激しいロックサウンドなギターでSuchmosの楽曲に様々な味付けをして楽しませてくれる、TAIKING。ピッキングのタッチは滑らかでいて、繊細ですね。

ライブでは音源よりもアグレッシブになると言われているTAIKINGですが、ライブではどんなプレイを魅せてくれるのか、新しい機材が増えたりするのか、今後も注目していきたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 使用機材